市民葬のデメリット

市民葬は、安いながらにそれなりのデメリットもございます。
市民葬は「本当に最低限の葬儀」であるということです。
これは、葬儀の内容物は「本当に必要最低限必要なもの」のみに限定されており、
それ以外については別途追加料金がかかるということになります。
例えば、「祭壇」は含まれますが「遺影写真」は含まれないケース、「柩」は含まれますが
「ドライアイス処置」は含まれないケースなどがあります。

その他、一般的な葬儀であれば当然に含まれているであろうと考えられる内容についても、
市民葬では含まれていないことが多く、市民葬を利用した後になって「思いの他追加料金がかかってしまった」という
意見を持つ人も少なくありません。通夜振る舞いや飲食等も含まれていませんので、
関係者を招いての葬儀としては適していないと言えます。

本当に質素な葬儀で構わない、最低限の家族・親族を集めてのこじんまりとした
葬儀で構わないという人向けであると言えます。

市民葬は、煩雑な申込手続きを施主自ら行わなければなりません。
通常の葬儀社に依頼した場合は当然手続き代行が葬儀代金にセットになっていますが、
市民葬の場合は、自らが役所へ出向いて葬儀の申込を行わなければならず、
また、事後では申請が認められない為、悲しみの直後に事務手続きを粛々とこなさなければならず、
この場合も状況が許さないことがあります。

次に「葬儀社を選べない」ということが挙げられます。
各自治体が指定した葬儀社のみしか選択できないため、特定の葬儀社を利用したいとしても、
故人か喪主の住民票のある市が指定した葬儀会社でなければ選ぶことができません。
また、「葬儀内容を変更できない」というデメリットもあります。事前に葬儀の内容については調べることができます。

しかし、その内容を変更することはできません。
以上のように、故人や遺族の希望通りの葬儀を執り行うためには、市民葬は向いていません。
もちろん、必要なサービスがあればオプションとして依頼すれば利用することもできますが、
それについては市が決定しているわけではなく、各葬儀社が独自に値段設定をしています。
場合によっては他の葬儀社よりも高い金額になる可能性もある点に注意が必要です。



人気記事

よく読まれている記事