市民葬のメリット

市民葬のメリットは、「比較的安い料金で葬儀を執り行える」ということです。

一般的な葬儀の費用としては、平均で1回の葬儀に約100~200万円ほどかかるという調査結果が出ています。
この金額は、ある程度の蓄えがあれば払えない金額ではありません。

しかし、特に高齢者の場合は亡くなられる直前までに入院費や治療費、介護費用等で多額の金額を消費していることが多く、
葬儀に回せるお金がないという家庭も決して少なくありません。一般的に高齢であるほど医療や介護に必要な金額が多くなっており、
収入がほとんどない高齢世代においてはその殆どを貯金を切り崩して支払っています。

そういった場合に、100万円を超えるような葬儀費用を、簡単には捻出できません。しかし、遺族としては最低限の葬儀は
執り行いたいという願いはあるはずです。また逆に、亡くなられる人も、自分の死後にできるだけお金をかけて欲しくない、
質素な葬儀だけ行ってくれればそれで良いと考えている人も少なくありません。

そうしたニーズに対して、市が葬儀社を指定することで、自治体によっては20万円代からという比較的
安い葬儀費用で葬儀をできるところもあるようですが、実際には追加料金がかからない市民葬はないのが現状です。

また、指定となる葬儀社は市が選定しており、明確な基準はありませんが、
市区町村内に事務所や式場を持ち登記上問題がなければ、登録できるのが大半です。



人気記事

よく読まれている記事